育毛シャンプーブログ

育毛シャンプーの感想ブログです。

男性の育毛

   

病院で治療したほうがいい抜け毛、自宅でケアできる抜け毛

AGA

AGA

男性の薄毛と言えばAGAですが、すべての薄毛がAGAとして病院で治療を必要とするわけではありません
なかには、自宅で適切なケアをすることで改善するものもあります。

脂漏性脱毛や円形脱毛症、若年性脱毛など…それぞれに特徴や原因が違うのですから、自分で判断してケアしたとしても、効果的な改善はみることができません。
まずは薄毛にはどんな種類があるのか知り、その特徴から自分の抜け毛を判断し、適した対処をしていくようにしましょう。

脂漏性脱毛

脂漏性皮膚炎が原因となる薄毛
脂性のフケが毛穴を詰まらせて髪の毛が生えにくくしてしまうだけでなく、フケをエサに細菌が繁殖して頭皮を炎症させてしまうこともあります。
見た目からもわかり、頭皮が赤く変色しかゆみが感じられるようになります。

この脂漏性脱毛は脂性の人がなりやすく、原因となる過剰な皮脂の分泌を抑えることで症状を改善することができます。
それにはバランスの良い食生活が一番で、脂っこい食事は避けるようにします。
また、正しいシャンプーで頭皮に余計な脂分が残らないようにする事も大切です。

ひこう性脱毛症

男性だけでなく女性にもみられるひこう性脱毛症。
洗浄力の強いシャンプーなどで過剰に頭皮を洗う事で起こります
アレルギーの一種でもあり、刺激の強いヘアケア製品、頻繁にかけるパーマやヘアカラーなども原因となります。

このひこう性脱毛症の特徴としては、乾燥したフケが大量にでること。
それが毛根を塞ぎかぶれをともなった炎症を引き起こします。
頭皮が乾燥してしまうことから、髪を固定する力も弱まってしまい抜けやすくなります。
しかも、細く弱い髪しか生えなくなってきますので、なおさら抜けやすいものとなるのです。

フケからかゆみが生じるのでつい掻いてしまいたくなりますが、
この行為はさらに症状を悪化させますし皮膚炎を誘発することにもなりますので注意が必要。
なるべく刺激の少ないシャンプーを使うと共に、過度のパーマやヘアカラーなどの薬剤の使用は控えるようにしましょう。

円形脱毛症

その抜け毛の様子が円形や楕円形であることからいわれるようになった、円形脱毛症。
男性だけでなく女性にも発症します。
抜け落ちた髪の毛には毛根がなく、髪が抜けた部分は周囲よりもへこんだ状態となっています。
円形脱毛症には2種類あり、頭部の一部に現れる単発型」と、広範囲に広がる多発型」に分かれます。

円形脱毛症の原因としては、ストレスなどで自律神経が狂う「自律神経異常説」、血行不全による「末梢神経不全説」、リンパ球がなんらかの理由で毛母細胞を攻撃する「自己免疫説」が考えられていますが、まだはっきりとした関係はわかっていません。
髪が抜けても数ヵ月後には柔らかい髪が生え、自然治癒で元通りに回復することもあるようです。
ただ、急激な抜け毛が見られるようになったら、早めに皮膚科を受診するようにします。

若年性脱毛

本来なら成長期にある髪がはらりはらりと落ちてしまうもの。
毛根細胞が正常に働いていないことから早くに抜け落ち、次第に髪が細くなり頭部が薄く見えるようになってきます。

老化による影響もあるのですが、近年では20代や30代といった若い年齢で発生することが増えてきています。
原因としては遺伝もありますが、男性ホルモンの分泌過多不規則な生活習慣ストレス睡眠不足など…いわゆる生活習慣が大きなものとなっているといえます。
なかでも一番の引き金となっているのが、過剰に分泌された皮脂と古い角質の混ざり合った角栓様物質。
毛穴を塞いでしまい、症状をますます悪化させてしまいます。

若年性脱毛を改善するには、まずは生活習慣の改善はもちろん、角栓様物質を取り除くことが必要。
角栓様物質は毛穴の奥深くにあるので、正しいシャンプーをしてもなかなか取り除くことができません。
ですが、最近では極超微粒子育毛剤といった、頭皮を直に通過するシャンプーなども販売されているので、
そうした性能があるシャンプーを選ぶようにするといいでしょう。

 - 男の育毛

ブログランキング参加中♪
応援クリックよろしくお願いします!!